アンチエイジングと食事

人間が食物を摂取して、それを栄養として吸収して、さらにその後の燃焼をさせる上で、なくてはならない成分に酵素があります。ところがこの酵素は、加齢と共に体内での生産量が減じていくことが知られています。

酵素が不足した状態になれば、せっかく食べても、吸収がうまく行かず、脂肪の燃焼効率も悪くなるため、それだけ老廃物の体外への排出が滞りがちになります。結果として、肌にハリが無くなり、むくみやたるみが出やすくなり、疲れやすくなります。

また、お酒を嗜む方ですと、深酒をしたわけではないのに、翌朝二日酔いに近い状態になったり、酒がいつまでも抜けないように感じるとすれば、酵素不足が考えられます。

酵素は、扱いの難しい成分だと言われます。まず第一に熱に弱いため、少しの加熱調理でも死活してしまいます。また、味と臭いにも独自なものがあり、そのままでは口にすることが出来ません。

食品での摂取方法としては、酵素を多く含む野菜を生で食べること、あるいは発酵食品を食べることが挙げられますが、野菜不足を自覚している人は多く、発酵食品の代表とも言える漬物は、食生活の変化もあり、需要が落ち込む一方です。

若い頃のように、体内で生産される酵素の量が多ければ、食事による酵素不足も何とか補えますが、加齢によって体内生産量が落ち出した後は、意識して外部から補給しませんと、酵素は確実に不足します。

したがって、アンチエイジングケアとしては、この不足しがちな酵素を如何に体内に取り入れるかが、一つのテーマになるわけです。

方法は先に挙げましたように、生野菜を多く摂るとかで可能になりますが、さらにサプリやドリンクで補給する習慣を付ければ、確実性が増しますし、食欲の落ちたときでも比較的簡単に摂取できます。

また、酵素ドリンクであれば、置き換えダイエット法にそのまま利用することも可能です。加齢によって疲れた内臓を休ませる意味でも、定期的なダイエットはアンチエイジング上も効果をもたらします。

しかし、本格的なダイエットはなかなかしにくいのも実際の話です。それで、思いとしては定期的にダイエットをして胃腸を休ませるつもりでも、実際には食べてしまう毎日の連なりが、いつしか体の老化を早め、身体を疲れやすくしている現実があります。

そこから抜け出す具体的な方法として、程度の軽い酵素ドリンクによる置き換えダイエット法が、アンチエイジング対策としてお勧めできる理由です。

アンファーのメッシサプリ

「最近、体力落ちたなぁ…。」
「寝ても寝ても疲れが取れない…。」
「毎日体がだるい…。」

このような、どことなく感じる重い疲労感に悩まされている方は少なくありません。

しかし「これも歳だから仕方ないのかな…。」と、受け入れる必要もないのです。

「どうして最近疲れがとれないのか。」について考えられる原因とその対処法についてまとめてみました。

1.慢性的な疲労感の原因は「自律神経」のバランスが崩れているせい?

特に体のどこかが病気で調子が悪いわけでもないのに、とにかく体がだるくて疲れが抜けない…というのは典型的な自律神経失調症の症状と言えるでしょう。

自律神経とは、意思でコントロールできないもので、脳から自動的に体のいろいろな器官に指示をだす神経と言えるでしょう。

また、自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あります。
交感神経は気持ちが高ぶっていて心が緊張しているときに、副交感神経は逆に落ち着いていてリラックスしているときに活発にはたらきます。

通常は、この2つの神経がバランスよく働き、体の状態を維持してくれます。
しかし自律神経失調症の方は、ストレス過多により、この副交感神経のはたらきが鈍い状態になっています。
すると、体は常に緊張状態でいるため、疲労感が慢性的に続くのです。

2.「女性ホルモン」が自律神経作用に深く関わっている

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。
どちらも卵巣でつくられるホルモンです。

エストロゲンは女性を美しくしてくれるホルモンと言われていて、こちらが特に自律神経を整えてくれるはたらきがあるようです。

例えばエストロゲンは、ハッピー・ホルモンとも呼ばれるセロトニンの代謝を活発にします。セロトニンが充実していると副交感神経の活性化につながります。ストレスの多い現代社会では不足しがちで貴重なホルモンなのです。

しかしエストロゲンの分泌量は40代くらいから、一気に減少します。
すると自律神経はバランスを崩しやすくなってしまいます。

3.大切なのは「リラックス」と「栄養」

ストレスで乱れた自律神経を整えるのに大切なことは、暮らしの中にリラックスする時間をつくることです。

自律神経失調症になる方は、まじめで完璧主義なタイプが多いようです。
そもそも疲労感を感じる自体が頑張っている証拠と言えるでしょう。
そういった方の生活を見てみると、余裕のないスケジュールとなっていることが少なくありません。
常に家事や仕事などのことばかりになっていないでしょうか。

そういったタイプの方は、何もしないという時間を予定に入れても余計焦りを感じることも多いかと思います。
ですので「入浴するときはお風呂に浸かる」とか「夜10時になったらアロマを焚く」といった、自分がリラックスせざるを得ない状況にする具体的な予定を立ててみるのがおすすめです。

また減ってきたエストロゲンの効果をグンと増やすためにも、栄養をしっかり摂ることも重要です。

このとき、不足しがちな栄養をサプリを飲むというのも効果的です。
体のなかでエストロゲンと同じはたらきをするイソフラボンというものをご存知でしょうか。大豆製品に含まれる成分ですが、日々の食生活の中ではなかなか十分な量を摂ることができません。しかしサプリなら小さな粒にギュッと濃縮されているので簡単に摂ることができます。

今日あたりからメッシが宣伝しているアンファーのAS10というアンチエイジングサプリはなんと1つでホルモンケアができるというからすごい!

AS10はNASAが開発したサプリで、元々は宇宙飛行士のためのサプリだというから驚き。

>>アンファーのAS10についてはこちらが分かりやすいです<<

しっかり休んで、しっかり栄養をとりこんで、自律神経を整えて、心も体も元気な生活を送っていきたいものです。

アンチエイジングと睡眠

アンチエイジング対策のためにも、十分な睡眠を摂ることが大切です。
日本人は世界の中でも睡眠時間が、短いことが問題となっています。

睡眠時間が短くなると、疲労を十分に回復できずに溜まっていってしまいます。
また睡眠不足は心臓への負担も大きくなってしまい、生活習慣病のリスクも高まってしまいます。

年齢を重ねるとともに、睡眠時間が短くなる人もいます。
しかし、ホルモンの影響で睡眠時間が長くなったり、いくら寝ても眠いとか疲れが取れないといった症状がある場合もあります。

そもそも睡眠の質に問題があったり、病気などの影響で睡眠に何らかの悪影響を及ぼしている場合もあります。
場合によっては医師に相談することも必要です。

しかし、そうでない場合は単に睡眠時間が足りないだけかもしれません。
年代ごとの平均的な睡眠時間はありますが、あくまでもそれは目安に過ぎません。

一番大切なのは自分に合った睡眠時間を見つけることです。
そして、朝起きた時に疲労感を残さないまで休むことが必要です。

とは言え、平日は何かと忙しく、どうしても睡眠不足になってしまうかもしれません。
睡眠不足はなるべく早めに解消するようにしたいものです。

睡眠不足で疲労が残ったままの状態が長く続いてくると、体の負担が大きくなってしまいます。
その為、その負担を減らそうといつも以上に空腹を感じやすくなります。

また、睡眠不足を食べることで補い、何とか動ける体にしたいと思う人もいるかもしれません。
しかし、これが食べ過ぎによる肥満に繋がり、さらに生活習慣病のリスクも高まってしまいます。

人は眠ることによって、体の機能を回復させ、さらに成長させることができます。
睡眠不足のまま無理をして、何らかの作業を行っても、効率はあまり良くありません。

それよりも適度に休息を入れ、または十分な睡眠を摂り、疲労の少ない状態の方が、作業効率がかなり高くなります。

睡眠が十分に摂れていると、頭の働きも良くなるので、無理なくいろいろなことが行えるようになります。
億劫に感じることが多くなったと感じたら、それは睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠がアンチエイジング対策にも大切だと思っていても、不眠などの症状で眠りが上手くいかない場合もあります。
眠りやすい環境作りや、時には医師に相談して治療を行っていくことも必要です。

特に就寝前のスマホやテレビなどは、老眼を早めますし、睡眠にも悪影響を与えてしまいます。
睡眠時間が多少長くなったとしても、まずは疲労を回復することを優先させ、無駄に体を老化させないように気をつけたいものです。

肌のさびつき

年齢とともに目立ちやすいものの一つに肌の老化があります。
体は服装で何とかごまかすことができますが、手や顔などはどうしても年齢が出てしまいます。

アンチエイジング対策として、肌の老化を防ぐための方法をいろいろと行っている人も多くいます。
肌の見た目年齢は年齢が高くなるにつれて、個人差が大きくなっていきます。

若い頃は不摂生な生活を送っていても、そうでなくても、それほど肌への影響の違いは少ないかもしれません。
しかし、若いころからきちんと肌ケアを行っていた人は、年齢を重ねてもその効果を持続しやすいでしょう。

しかし、年齢を重ねてから、いきなり肌の老化が進んでしまう人もいます。
今までの不摂生ときちんとしたケアを怠っていたツケが回ってきたのかもしれません。

肌の老化を防ぐためにも、肌に良い生活を送ることが大切です。
特に過度なストレスや多すぎる飲酒、または喫煙なども、肌荒れの大敵です。

また、紫外線の影響や乾燥なども肌の老化を促進させてしまいます。
これらを防いでいくためにも、生活習慣を見直し、肌ケアをきちんと行っていくことが必要です。

良質なたんぱく質やビタミンCなどは、美肌を作っていくためにも必要な栄養です。
また、肌だけではなく、爪や髪の毛も同様です。

ダイエットのために無理な食事制限をして、必要な栄養が不足してしまうと、肌や髪などにも悪影響を与えてしまいます。
ダイエットに成功して痩せたとしても、肌や髪がボロボロで見た目が不健康そうになってしまっては元も子もありません。

美肌は健康のバロメーターです。
健康な体があってこそ、肌の状態も良くなっていきます。

見ための印象が若々しく見える人は肌の状態が若いですし、全体の印象がハツラツとして見えます。

肌と同様に良質なたんぱく質を摂取し、適度な運動を行うことで筋肉も付き、姿勢も良くなります。
年齢を重ねるとともに、筋力は衰えやすくなります。

意識的に筋力アップを図っていくようにしたいものです。
筋力の低下は歩行困難や、骨折などにも繋がってしまいます。

アンチエイジング対策は見た目年齢を下げるだけではなく、健康的な生活を送っていくためにも、とても大切なことです。

同じ年齢でも見た目年齢がかなり違い、いくつになっても若々しい印象の人は何らかのアンチエイジング対策を行っている可能性が高いでしょう。
そういう人の生活習慣や食生活を参考にするのも良い方法です。

アンチエイジング対策も無理をしてしまっては、かえって逆効果になってしまいます。
自分のペースで出来るところから始めると良いでしょう。
また、無理だと感じた時はすぐに休むか、やり方を変えてみましょう。

アンチエイジングとしわ

保湿によるしわ対策

年齢を重ねてくるに従って非常に気になってくるのが、顔のしわです。
特に気になる目の周りや口もとの細かいしわは、肌の水分や油分が失われて乾燥することが原因でできます。
肌の乾燥した状態が続くと、外部の刺激から肌を守るために角質が厚くなってきます。
角質が厚くなると肌は硬くなってしまい、皮膚が伸びなくなってきますので、しわができやすくなってしまいます。
空気の乾燥がひどくなる寒い季節には、特に肌の乾燥対策をしっかり行わないと、初めは小さかったしわが定着して、やがて大きくなり消えなくなってしまいます。

しわには大きく分けて2種類、乾燥対策によって消すことのできる小さなしわと、定着して消すことのできなくなった大きなしわがあります。
肌の表面にできている浅くて細かいしわは、2本の指で広げるとすぐに消え、適切なケアにより消すことができます。
しかし、指で広げても消えないしわは、肌の真皮にまで深く及んでしまっているので、もはや消すことはできません。
消えない深いしわを作らないためにも、日頃から肌を保湿して柔らかくしておくことが大切です。

肌のケアは洗顔で汚れやメイクを落とした後、化粧水などで水分や油分を補います。
洗顔やメイク落としは、人肌くらいの温度の水で行うのがよいといわれています。
冷たい水で洗うと気分もすっきり引き締まる気がしますが、毛穴が開かないので汚れがあまり落ちませんし、肌の血行が悪くなります。
反対に温かいお湯で洗うと、大切な皮脂まで落ちてしまうので、肌が乾燥して刺激に弱くなってしまいます。
洗顔料はぬるま湯で十分に泡立ててから、顔を泡で包み込むようなイメージで優しく洗いましょう。
ごしごしこすって洗うと肌に負担がかかり、しわのもとになってしまいます。
洗った後は、洗顔料が肌に残らないように十分にすすぎます。

優しく洗顔したら、肌を保湿するには、ケアのタイミングが大切です。
洗顔後や、お風呂上りは特に肌が乾燥しやすくなっていますので、細かいしわができてしまうことがあります。
こうしたしわは、乾燥する前になるべくすぐに化粧水をつけて保湿すると消えます。
乾燥して角質が厚くなってしまうと、化粧水の保湿成分が浸透しにくくなってしまいます。
保湿成分が浸透しないと、いくらよい化粧品を使ってもあまり保湿効果は期待できません。
保湿成分を肌の中に浸透させて柔らかくするためにも、洗顔後はなるべくすぐにケアをしましょう。
また、冷たい化粧水では肌に浸透しにくいので、手の平で少し温めてから肌を優しく抑えるようにつけると効果的です。