アンチエイジングと睡眠

アンチエイジング対策のためにも、十分な睡眠を摂ることが大切です。
日本人は世界の中でも睡眠時間が、短いことが問題となっています。

睡眠時間が短くなると、疲労を十分に回復できずに溜まっていってしまいます。
また睡眠不足は心臓への負担も大きくなってしまい、生活習慣病のリスクも高まってしまいます。

年齢を重ねるとともに、睡眠時間が短くなる人もいます。
しかし、ホルモンの影響で睡眠時間が長くなったり、いくら寝ても眠いとか疲れが取れないといった症状がある場合もあります。

そもそも睡眠の質に問題があったり、病気などの影響で睡眠に何らかの悪影響を及ぼしている場合もあります。
場合によっては医師に相談することも必要です。

しかし、そうでない場合は単に睡眠時間が足りないだけかもしれません。
年代ごとの平均的な睡眠時間はありますが、あくまでもそれは目安に過ぎません。

一番大切なのは自分に合った睡眠時間を見つけることです。
そして、朝起きた時に疲労感を残さないまで休むことが必要です。

とは言え、平日は何かと忙しく、どうしても睡眠不足になってしまうかもしれません。
睡眠不足はなるべく早めに解消するようにしたいものです。

睡眠不足で疲労が残ったままの状態が長く続いてくると、体の負担が大きくなってしまいます。
その為、その負担を減らそうといつも以上に空腹を感じやすくなります。

また、睡眠不足を食べることで補い、何とか動ける体にしたいと思う人もいるかもしれません。
しかし、これが食べ過ぎによる肥満に繋がり、さらに生活習慣病のリスクも高まってしまいます。

人は眠ることによって、体の機能を回復させ、さらに成長させることができます。
睡眠不足のまま無理をして、何らかの作業を行っても、効率はあまり良くありません。

それよりも適度に休息を入れ、または十分な睡眠を摂り、疲労の少ない状態の方が、作業効率がかなり高くなります。

睡眠が十分に摂れていると、頭の働きも良くなるので、無理なくいろいろなことが行えるようになります。
億劫に感じることが多くなったと感じたら、それは睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠がアンチエイジング対策にも大切だと思っていても、不眠などの症状で眠りが上手くいかない場合もあります。
眠りやすい環境作りや、時には医師に相談して治療を行っていくことも必要です。

特に就寝前のスマホやテレビなどは、老眼を早めますし、睡眠にも悪影響を与えてしまいます。
睡眠時間が多少長くなったとしても、まずは疲労を回復することを優先させ、無駄に体を老化させないように気をつけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です