アンファーのメッシサプリ

「最近、体力落ちたなぁ…。」
「寝ても寝ても疲れが取れない…。」
「毎日体がだるい…。」

このような、どことなく感じる重い疲労感に悩まされている方は少なくありません。

しかし「これも歳だから仕方ないのかな…。」と、受け入れる必要もないのです。

「どうして最近疲れがとれないのか。」について考えられる原因とその対処法についてまとめてみました。

1.慢性的な疲労感の原因は「自律神経」のバランスが崩れているせい?

特に体のどこかが病気で調子が悪いわけでもないのに、とにかく体がだるくて疲れが抜けない…というのは典型的な自律神経失調症の症状と言えるでしょう。

自律神経とは、意思でコントロールできないもので、脳から自動的に体のいろいろな器官に指示をだす神経と言えるでしょう。

また、自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あります。
交感神経は気持ちが高ぶっていて心が緊張しているときに、副交感神経は逆に落ち着いていてリラックスしているときに活発にはたらきます。

通常は、この2つの神経がバランスよく働き、体の状態を維持してくれます。
しかし自律神経失調症の方は、ストレス過多により、この副交感神経のはたらきが鈍い状態になっています。
すると、体は常に緊張状態でいるため、疲労感が慢性的に続くのです。

2.「女性ホルモン」が自律神経作用に深く関わっている

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。
どちらも卵巣でつくられるホルモンです。

エストロゲンは女性を美しくしてくれるホルモンと言われていて、こちらが特に自律神経を整えてくれるはたらきがあるようです。

例えばエストロゲンは、ハッピー・ホルモンとも呼ばれるセロトニンの代謝を活発にします。セロトニンが充実していると副交感神経の活性化につながります。ストレスの多い現代社会では不足しがちで貴重なホルモンなのです。

しかしエストロゲンの分泌量は40代くらいから、一気に減少します。
すると自律神経はバランスを崩しやすくなってしまいます。

3.大切なのは「リラックス」と「栄養」

ストレスで乱れた自律神経を整えるのに大切なことは、暮らしの中にリラックスする時間をつくることです。

自律神経失調症になる方は、まじめで完璧主義なタイプが多いようです。
そもそも疲労感を感じる自体が頑張っている証拠と言えるでしょう。
そういった方の生活を見てみると、余裕のないスケジュールとなっていることが少なくありません。
常に家事や仕事などのことばかりになっていないでしょうか。

そういったタイプの方は、何もしないという時間を予定に入れても余計焦りを感じることも多いかと思います。
ですので「入浴するときはお風呂に浸かる」とか「夜10時になったらアロマを焚く」といった、自分がリラックスせざるを得ない状況にする具体的な予定を立ててみるのがおすすめです。

また減ってきたエストロゲンの効果をグンと増やすためにも、栄養をしっかり摂ることも重要です。

このとき、不足しがちな栄養をサプリを飲むというのも効果的です。
体のなかでエストロゲンと同じはたらきをするイソフラボンというものをご存知でしょうか。大豆製品に含まれる成分ですが、日々の食生活の中ではなかなか十分な量を摂ることができません。しかしサプリなら小さな粒にギュッと濃縮されているので簡単に摂ることができます。

今日あたりからメッシが宣伝しているアンファーのAS10というアンチエイジングサプリはなんと1つでホルモンケアができるというからすごい!

AS10はNASAが開発したサプリで、元々は宇宙飛行士のためのサプリだというから驚き。

>>アンファーのAS10についてはこちらが分かりやすいです<<

しっかり休んで、しっかり栄養をとりこんで、自律神経を整えて、心も体も元気な生活を送っていきたいものです。

“アンファーのメッシサプリ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です