アンチエイジングと食事

人間が食物を摂取して、それを栄養として吸収して、さらにその後の燃焼をさせる上で、なくてはならない成分に酵素があります。ところがこの酵素は、加齢と共に体内での生産量が減じていくことが知られています。

酵素が不足した状態になれば、せっかく食べても、吸収がうまく行かず、脂肪の燃焼効率も悪くなるため、それだけ老廃物の体外への排出が滞りがちになります。結果として、肌にハリが無くなり、むくみやたるみが出やすくなり、疲れやすくなります。

また、お酒を嗜む方ですと、深酒をしたわけではないのに、翌朝二日酔いに近い状態になったり、酒がいつまでも抜けないように感じるとすれば、酵素不足が考えられます。

酵素は、扱いの難しい成分だと言われます。まず第一に熱に弱いため、少しの加熱調理でも死活してしまいます。また、味と臭いにも独自なものがあり、そのままでは口にすることが出来ません。

食品での摂取方法としては、酵素を多く含む野菜を生で食べること、あるいは発酵食品を食べることが挙げられますが、野菜不足を自覚している人は多く、発酵食品の代表とも言える漬物は、食生活の変化もあり、需要が落ち込む一方です。

若い頃のように、体内で生産される酵素の量が多ければ、食事による酵素不足も何とか補えますが、加齢によって体内生産量が落ち出した後は、意識して外部から補給しませんと、酵素は確実に不足します。

したがって、アンチエイジングケアとしては、この不足しがちな酵素を如何に体内に取り入れるかが、一つのテーマになるわけです。

方法は先に挙げましたように、生野菜を多く摂るとかで可能になりますが、さらにサプリやドリンクで補給する習慣を付ければ、確実性が増しますし、食欲の落ちたときでも比較的簡単に摂取できます。

また、酵素ドリンクであれば、置き換えダイエット法にそのまま利用することも可能です。加齢によって疲れた内臓を休ませる意味でも、定期的なダイエットはアンチエイジング上も効果をもたらします。

しかし、本格的なダイエットはなかなかしにくいのも実際の話です。それで、思いとしては定期的にダイエットをして胃腸を休ませるつもりでも、実際には食べてしまう毎日の連なりが、いつしか体の老化を早め、身体を疲れやすくしている現実があります。

そこから抜け出す具体的な方法として、程度の軽い酵素ドリンクによる置き換えダイエット法が、アンチエイジング対策としてお勧めできる理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です